BONDIC マーケティング レポート

BONDICの独自の視点でのマーケティング分析した無料レポートです。

愛されるコーヒーチェーンが評価されるポイント
~ご注文は何ですか?人は何を求めてカフェに入るのか~

  • photo

◆ 分析の目的

近年成長を続けてきたカフェ業界。駅前、路面、ショッピングモール内など、
・・・外出すれは必ずどこかでカフェを目にします。昔ながらの喫茶店もありますが、
特に目につくのは、チェーンのコーヒーショップです。
国内のカフェ業界で高いシェアを誇るのは、ドトールコーヒーとスターバックスコーヒージャパンですが、カフェ業界の業績は近年緩やかな増加傾向であり、各社ともに店舗数を拡大してきました。
いまでは私たちの日々の生活に根付いている街のコーヒーチェーンですが、コンビニやハンバーガー店などが品質にもこだわった安価なコーヒーを提供するなど、年々ライバルも増えています。チェーン店に押されて昔ながらの喫茶店が減ってしまったように、今後コーヒーチェーンにも淘汰の波が来るかもしれません。

人々に愛されているコーヒーチェーンを分析し、評価される秘訣について考察します。

◆ 分析結果

まずは1日あたりの平均投稿数を見ました。
これを見ると、スターバックスが2位以下を大きく引き離しておりその他のチェーンの中では、ドトール、タリーズコーヒー、コメダ珈琲店の投稿数が多いことが分かります。

1日あたりの平均投稿数(全投稿数)

photo

次に評価の高さと評価の安定度によるポジショニングマップを作成しました。
星乃珈琲店、カフェ・ド・クリエはポジ評価も安定度も高いことが分かります。 反対にドトールコーヒーやエクセルシオールカフェは評価も安定度も平均より低めです。

「評価の高さ(ポジ率) 」と「評価の安定度」による評価マップ

photo

投稿数が最も多いのは群を抜いてスターバックスでしたが、
評価の高さと安定度という視点で見たときに、評判が高いのは星乃珈琲店と
カフェ・ド・クリエという結果となりました。
ここからは、評価が高くなる要因を、書き込まれている話題のジャンルとその評価の傾向から各チェーンを分類して分析しています。 詳しい分析内容は無料でダウンロードできるPDFレポートでお確かめください。

PDFのダウンロードはこちら



PAGE TOP