BONDIC マーケティング レポート

BONDICの独自の視点でのマーケティング分析した無料レポートです。

興行収入に影響する告知と口コミの関係
~「君の名は。」は全全全然ヒットしていない!?~

  • photo

◆ 分析の目的

 2016年8月に公開された、新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」。

 公開前から話題になっていましたが、公開後もSNSやインターネット、テレビを中心とした様々なメディアで積極的に取り上げられ 日本のアニメ映画の歴代興行収入第2位に躍り出る勢いです。
  今回のレポートは、その人気の要因を探るべくスタートしました。庵野秀明氏を監督に迎えた「シン・ゴジラ」、人気漫画を実写映画化した「四月は君の嘘」、そして『マンガ大賞2015』で3位を獲得し、満を持してのアニメーション映画化となった「聲の形」。この3つの映画と比較しながら、「映画の興行収入には何が影響しているのか?」を紐解いていきます。

 このレポートでは、SNS投稿分析ツールとテレビ放映分析ツールを使用しています。SNS投稿の内容をポジティブなものとネガティブなものに分けたデータと、TV番組内で話題として取り上げられた分数のデータを合わせ、総合的に分析しています。

◆ 分析結果

 まずは、興行収入の推移を様々な視点で分析しました。
 その結果、「君の名は。」は金額こそ大きいですが、公開以降の興行収入の増え方は他の3映画とあまり変わらないことが分かりました。

photo

photo

 また、興行収入の推移をグラフで見ていくと、どの映画も公開2週目の週間興行収入が最も高く、以降は段々と低下していくことが判明しています。

 これらの結果を受けて、興行収入に影響するポイントは公開1週目と2週目になるのではないかということが考えられます。

様々な視点で見ていくと、「君の名は。」が圧倒的に見える理由は、公開1週目と2週目の他との差が大きいからであり、3週目以降からは他の映画と同じように推移していることが分かりました。一般には「君の名は。」は右肩上がりで徐々に興行収入を伸ばしているイメージがあるようです。しかし実は、公開1週目と2週目の興行収入が非常に大きかったため、それを受けたメディアがこぞって後から取り上げ続け、このようなイメージが出来上がったと思われます。

 では、公開1週目と2週目の週間興行収入に影響するのは何なのか。ここからは、公開前までのTV露出・SNS投稿内容と公開1週目の週間興行収入の関係、及び公開後のTV露出・SNS投稿内容と興行収入の関係をより深く分析しました。詳しい分析内容や週間興行収入を左右する要因の詳細は無料でダウンロードできるPDFレポートでお確かめください。

PDFのダウンロードはこちら



PAGE TOP